新発田市立赤谷小学校は平成27年3月31日をもって、140年の歴史に幕を閉じます。平成27年4月1日より新発田市立米倉小学校に統合となります。統合後は、米倉小学校のホームページから赤谷小学校のホームページにリンクできますので、時折、ご覧いただき懐かしんでいただければ幸いです。
 
2015年3月23日(月)
第66回卒業証書授与式

 名残雪の舞い散る中、赤谷小学校最後の卒業式が行われました。赤谷小学校最後の卒業生4名は、多くのご来賓、ご家族に見守られる中、一人一人、校長先生から卒業証書を授与されました。卒業生4名と在校生3名の心のこもったメッセージ、澄んだ歌声に胸が熱くなりました。

2015年3月19日(木)
タイムカプセル

 「閉校プロジェクト」の一つとしてタイムカプセルを作ります。一人一人の思いの詰まった品々をタイムカプセルに入れました。3月26日の「お別れする会」に地域の方々の品も入れ、閉校記念碑の脇に埋める予定です。このタイムカプセルは10年後の8月14日に、子どもたちの呼びかけで中を開けることを予定しています。10年後はみんなどうなっているかな?と楽しみな様子の子どもたちでした。

2015年3月18日(水)
お楽しみ会

 「6年生の卒業を祝う会」を3年生と5年生の3人ががんばってくれたことへのお礼と米倉小学校でもがんばってほしいという気持ちを込めて、6年生が企画したお楽しみ会。ゲームやくす玉、プレゼントなど心のこもった素敵な会でした。3・5年生にとっても6年生にとっても思い出に残る会になりました。さらに、この後、6年生も知らない内緒のサプライズが待っていました。校内放送が入り、全員が体育館に行くと、ステージに侍と白鳥が・・・。「いつまでも胸に抱いて」の曲をつくってくれた大橋シローさんと小柴健二さんでした。お二人が、子どもたちに楽しい思い出をとサプライズ企画を考えてくださったのです。大橋さんの歌ありコントありの楽しい時間の終盤、新発田市のゆるキャラ「アスパラくん」も登場し、みんなで「アスパラの唄」の大合唱。子どもたちは大喜びでした。
 閉校が迫る中、子どもたちの思い出に残るようにと、いろいろ力を尽くしてくださったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

2015年3月5日(木)
小久保さんのお話を聞く会

 東京で整形外科医をされている小久保亜早子さんをお迎えし、NGOの「国境なき医師団」として、パキスタンやナイジェリアで、地震後の医療活動や紛争により負傷した人たちの治療に当たられた体験についてお話ししていただきました。日本とは全く違う環境や社会習慣、医療体制の中で、様々な国籍をもつ医師たちと協力しながら医療活動をされていた様子を映像と共に教えていただきました。日本とは大きく違う世界の状況や「医療を受けられない人たちを救いたい」という小久保さんの思いを感じた子どもたちです。自分の故郷や日本を大切にしながらも、広い世界に目を向け、自分の夢を広げていってほしいと思います。

2015年3月2日(月)
ありがとう週間スタート

 閉校プロジェクトの一つ「ありがとう週間」がスタートしました。校内の片付けをしたり、お世話になった物に感謝の気持ちを書いた星型の付箋を貼っていきます。「私たちを支えてくれてありがとう。重たかったと思いますが、優しく支えてくれて、感謝!」・・・これは、毎日座っている椅子に貼られていたメッセージです。このようなメッセージが、机、ロッカー、ドラム、階段、黒板、電気のスイッチなど、校内のいたるところに貼られていました。ありがとう週間「最終日には、これらをぜんぶはがし、黒板にまとめました。

2015年2月26日(木)
6年生の卒業を祝う会

 4名の6年生の卒業を祝う会が盛大に行われました。ご両親、祖父母、地域の方々、ALTの先生、読み聞かせの先生、多くの方々が一緒にお祝いしてくださいました。この企画を準備し進めてきたのは3名の在校生です。体育館の飾り付け、垂れ幕作り、プレゼント作り、クイズやゲームの準備、招待状作り、そして、当日の司会進行と全てを3人で力を合わせてやってきました。6年生に対する感謝の気持ちがたっぷりこもった温かな会になりました。温かい優しい気持ちに包まれ、会場中にみんなの笑顔があふれました。

2015年2月26日(木)
感謝の会

 閉校プロジェクトの企画の一つである「感謝の会」が行われました。両親、祖父母、地域の皆さん、先生方など、これまでお世話になったみなさんをご招待して、今までの感謝の気持ちを込めて、手作りのお菓子とお茶でおもてなしをしました。前々日は、クッキーの生地作りをし、前日はクッキーを焼いたり、ゼリーや煎餅(学校田の米を使っています)作りをしたり、会場の飾り付けをしたりと、この日のためにがんばってきました。当日は、そのお菓子とお茶を味わっていただきながら、思い出クイズやこれまでの活動映像の鑑賞をして楽しいひとときを過ごしました。児童7人で前々から準備していたプレゼントも手渡し、みなさんに喜んでいただくことができて、子どもたちも嬉しそうでした。

2015年2月16日(月)
大橋シローさんと一緒に・・・

 赤谷小学校のオリジナルソング「いつまでも胸に抱いて」をCDにしてくださった大橋シローさん、小柴健二さん、斉藤さん、片野さんをお迎えして、お話を聞きしました。ご自身の「夢」についてのお話を語っていただき、そして、大橋さんの生ギターに合わせて「いつまでも胸に抱いて」を歌い、楽しい時間を過ごしました。子どもの頃いだいていた夢は、ときに形を変えていく。形は変わっても、自分の思いや願いを大切にし自己実現していくことは素晴らしいことだということを感じ、子どもたちも自分の夢に向かって少しずつ進んでいこうという思いをもったようでした。

2015年2月13日(金)
スキー教室

 強風のため、頂上へ行くリフトは動いていませんでしたが、1日、たっぷりとスキーを楽しみました。とらい夢の先生方に教えていただき、グンと上達した子どもたち。最後のスキー教室、充実した1日になりました。

2015年2月5日(木)
チャレンジ縄跳び記録会

 1月から練習に励んできた成果がたくさんみられた記録会になりました。個人種目は全員が3種目に挑戦しました。それぞれ、めあてを意識して最後までがんばりました。
 長縄跳びは、240回を超えて新記録達成できるかどうか、息をのむ3分間でした。縄を跳ぶ7人の子どもたちだけでなく、その場にいた全員の気持ちがひとつになり、集中した3分間でした。縄はかなりのスピードで回っていましたが、1回もひっかかることなく3分間跳び続け、「242回」という新記録に全員が歓声を上げていました。

2015年1月9日(金)
書き初め大会

 真剣な表情で一筆一筆書き進める子どもたち。課題の文字の他に、自分の新年のめあてとなる文字も書きました。

2015年1月8日(木)
エフエムしばたのパワープレイミュージックに

 11月26日にレコーディングしたオリジナルソング『いつまでも胸に抱いて』がCDになり、12月7日の閉校式典の日に、子どもたちの手元に届きました。そして、この曲がFMしばたの1月のパワープレイミュージックになりました。子どもたちの思いが込められたこの曲が、全校児童7人の歌声で、ラジオを通してたくさんの人に聞いていただけると思うと嬉しいです。放送される主な時間は次の通りです。なお、都合により、放送できない場合もあるそうですのでご了承ください。
月〜金・・・5:55、6:55、9:55、15:25、23:55ほか
土・日・・・・8:55、9:55、14:55、19:55、20:55、23:55ほか

2014年12月17日(水)
新潟校外学習

 社会や理科の体験学習として、NSTと自然科学館へ校外学習に行ってきました。NSTではテレビ番組の制作の様子を学び、飛田アナウンサーと横内アナウンサーにお話をお聞きしました。自然科学館では、液体窒素の実験を見たり、3Dシアターを見たり、いろいろなコーナーを回って満喫しました。

2014年12月9日(火)
仙台チェンバーアンサンブル演奏会

 東北電力スクールコンサート「仙台チェンバーアンサンブル演奏会」を行いました。この日は,米倉小学校の全校の皆さんをお招きし、一緒に素敵な演奏を楽しみました。間近で味わう生演奏に感激でした。

2014年12月7日(日)
閉校記念碑除幕式

 閉校記念式典の後、閉校記念碑除幕式を行いました。雪が降る中での式でしたが、たくさんの方々がグラウンドに出て、その様子を見守りました。「あかたにの鐘」の合図でテープを引くと、焼峰山の形にも似た記念碑が姿を現しました。記念碑には校歌の歌詞が刻まれ、ここに赤谷小学校があったことを末永く残すこととなります。

2014年12月7日(日)
閉校記念式典

 当日は、大雪に見舞われましたが、ご来賓をはじめ、約300名の皆様からご臨席いただき、赤谷小学校との別れを惜しみました。卒業生や旧職員が語る思い出、子どもたちの発表に当時を懐かしみ、赤谷への郷愁が込み上げて涙する方々も多くいらっしゃいました。赤谷小学校の歴史は今年度をもって閉じることとなりますが、赤谷小学校は大切な場所として一人一人の心の中にいつまでも生き続けることでしょう。

2014年11月26日(水)
レコーディング

 新発田市在住のシンガーソングライター大橋シローさんが作曲してくださった赤谷小学校のオリジナルソング「いつまでも胸に抱いて」のレコーディングを行いました。赤谷小学校の卒業生である小柴健二さんが、閉校する赤谷小学校のためにと、中学校のときの同級生である大橋シローさんに依頼してくださり、全校児童7人の思いをこめた詩にメロディーをのせ、この曲が完成しました。そして、その曲のCDをつくるためのレコーディングをすることになったのです。初めての体験にとても緊張していた子どもたちでした。

2014年11月20日(木)
デュオ・オリーブ演奏会

 滝谷分校の卒業生である杉原雅昭さんと、杉原さんとユニットを組んでいる小宮恒さんをお招きして、コンサートが開かれました。オカリナ、ギター、ヴィオラ・ダ・ガンバなどでたくさんの曲目を披露してくださいました。優しい音色にこころ癒されるひとときでした。

2014年11月19日(水)
米倉小学校1日交流学習

 今回は、路線バスに乗って米倉小学校に登校しました。バス通学の米倉小の友達や中学生と一緒になりました。朝から、給食、掃除、下校のバスまで、1日丸々、米倉小学校の生活時間で過ごしました。いつもより朝が早くて大変だったようですが、初めてのバス体験にちょっとワクワク。4月からは、毎日この生活になります。この日は、クラブ活動も体験させてもらいました。いろいろな体験ができ、とても楽しかったようです。


2014年11月17日(月)
パティシエ体験

 将来の自分の夢を目指して学ぶ機会として、新潟県の名工として認定されておられるパティシエの高井克司さんを講師にお招きし、洋菓子作りを教えていただきました。クリスマスケーキ、ジバにゃんのマジパン、ロイヤルティーヌの3種類を教えていただき、さらに、おいしいロールケーキをごちそうになり、にこにこ顔の子どもたちでした。

2014年11月10日(月)
ソバ刈り体験

 赤谷農家組合の皆さんと新発田農業高校の生徒さんとソバ刈り体験をしました。ソバ刈りは初体験。稲刈りとの違いを体感してきました。

2014年11月7日(金)
音楽交歓会

 全校7人で、合唱「絆」と合奏「ウィー・ゴー!」を発表しました。きれいな済んだ歌声とリズミカルでかっこいい演奏、7人でがんばる姿に、保護者のみなさんは、涙、涙だったそうです。

2014年11月2日(日)
140周年・閉校記念 文化と芸能の祭典

 過去最高の本数283本の「やろもち」を作り、みんなでおいしくいただいた後、午後からは、学習発表です。今年は「わたしたちの赤谷小学校」と題し、赤谷小学校の歴史を振り返り、これまで総合の学習で調べてきたことをまとめ、劇にして発表しました。地域の方々、卒業生の方々からたくさんの感想、お褒めの言葉を寄せていただき、子どもたちも達成感いっぱいの様子でした。特別展示として、学校に保存してあるアルバムや文集、看板、古民具、地域や卒業生の方々へのアンケートなどの展示コーナーもご好評をいただきました。

2014年11月1日(土)
弁当の日

 ウオロクでの買い物実習、食育推進課の栄養士さんを講師に招いての調理実習など、6時間の講義を経て、弁当の日を迎えました。2年目なので、子どもたちは、昨年の反省をいかし、いろいろ工夫をしていました。「お・い・し・そ・う」のポイントと今年のテーマ「旬の食材」をしっかり意識して、昨年よりもレベルアップしたお弁当が並びました。

2014年10月6日(月)
学校田、最後の稲刈り

 地域のボランティアの方々12名、市の町づくり支援課の方々3名を迎え、最後の稲刈りを行いました。今年で米作りが最後になることはさみしいですが、米作りの知恵と技術をたくさんの方々から教えていただいたことは、子どもたちにとって貴重な経験となりました。

2014年9月19日(金)
チャレンジ遠足

 赤谷小学校最後のチャレンジ遠足は、地域の皆さん、保護者の皆さんもお誘いして、みんなで、オリエンテーリングをしながら、地域を再発見!野外炊さんでは、なすやさつまいもの差し入れがあり、カレーの他にも焼きなすと焼き芋も堪能しました。

2014年7月20日(日)
赤谷大祭

 赤谷小学校として参加する最後の赤谷大祭でした。例年、上赤谷の各場所で鼓笛演奏を行い、御輿をかついでいましたが、今年はあいにくの雨となり、上赤谷公民館での演奏となりました。校歌の演奏が始まると、一緒に口ずさむ方や目頭をおさえる方もおられました。赤谷郵便局の方も来てくださっていました。新発田農業高校の生徒さんも新聞記事にするのだと取材に来ていました。大勢の方々に演奏を聞いてもらい、アンコールまでいただいて、子どもたちはとても嬉しそうでした。最後に全員で記念撮影をしました。
 子どもたちの元気な姿は、地域の皆さんに笑顔を届けます。これからも、地域とかかわる活動に積極的に参加し、地域の皆さんに元気を届けたいと思います。

2014年7月11日(金)
参観日

 1学期最後の学習参観日でした。3・5年生は道徳で、資料「一秒の言葉」から、一秒くらいの短い言葉でも相手に喜びや悲しみを感じさせてしまう言葉の力に気づき、普段何気なく使っている言葉、自分の言葉遣いを振り返りました。6年生は国語「柿山伏」、狂言の音読発表でした。小道具を身につけ、役になりきり、楽しんで発表していました。

2014年7月7日(月)
突撃インタビュー

 総合「わたしたしの赤谷小学校」の学習で、地域に出かけ、赤谷小学校の思い出や赤谷への思いをインタビューしてきました。3グループに分かれ、診療所、郵便局、お菓子屋さん、新田のおばあちゃんのお宅などに行ってきました。「小学校がなくなってしまうのはさみしい。」「赤谷のこれからのために、あなたたちにがんばってほしい。」など、たくさんのメッセージをいただきました。

2014年7月2日(水)
よおどなや祭り

 米倉小学校の児童会行事「よおどなや祭」に今年も参加させてもらいました。今年は、赤谷小学校もお店を出店することになり、全校で準備を進めてきました。お客さんに楽しんでもらえるだろうかと心配そうだった子どもたちですが、いざ、始まると、お客さんの対応に大忙し! 笑顔で明るくお客さんに対応する姿、臨機応変にその場に応じた対応ができる姿に感心しました。6年生が国語の学習で作成した「赤谷紹介パンフレット」も配布しましたが、たいへん好評でした。多くのお客さんに楽しんでもらえたという手応えを感じ、達成感を味わった子どもたちでした。

2014年6月24日(火)
避難訓練

 不審者対応の避難訓練を行いました。6年生教室前の廊下まで不審者がきた場合、どのように行動したらよいか、その方法を訓練しました。避難後、駐在所の方からお話をお聞きし、実際に不審者に遭遇した場合、どのように逃げるか、実践を交えて教えていただきました。

2014年6月23日(月)
プール開き

 きれいな青空の下、プール開きが行われました。一人一人がめあてを発表しました。みんな、去年の記録を更新しようと張り切っています。水はまだ少し冷たいですが、子どもたちはとても楽しそうにもぐったり泳いだりしていました。

2014年6月23日(月)
全校道徳

 校長先生による全校道徳「星野富弘さんの生き方に学ぶ」が行われました。星野さんが口で書いた文字を見た後、子どもたちも口で字を書いてみました。なかなか思うように書けないことを実感する子どもたち。その後、星野さんの絵や詩の作品を見て驚き、星野さんがどれだけ努力をし、がんばったのか思いを巡らせました。そして、星野さんの「ペンペン草」という詩から、自分を支えてくれる人たちへの感謝の気持ちの大切さを考えました。

2014年6月22日(日)
敬老会

 赤谷小学校として地域の敬老会に参加できるのも最後です。歌や合奏を披露し、手遊びでおじいちゃんおばあちゃんたちと触れ合いました。自分たちのがんばりが見ている方々に伝わり、皆さんを笑顔にできる・・・皆さんの笑顔を見て、自分もまた嬉しくなる・・・そんな喜びを子どもたちは感じていたようです。

2014年6月13日(金)
お宝探し

 総合「わたしたちの赤谷小学校」で、昔の赤谷小学校のことを調べようと、古い道具が眠る部屋に行ってみました。そこには、昔の赤谷小学校の看板や古い教科書が収納されていました。教科書は地域の方が寄贈してくださったものです。教科書に書かれていた名前を見て、「おじいちゃんのお父さんの名前だ!」と感激する6年生のSさん。「区長さんが言っていた『修身』の勉強って、こんな教科書を使っていたんだ。」「漢字ばっかりで読めない!」「これは、カタカナばっかりだよ。」「算数や理科もある。今と同じだね。うわっ、でも、この算数、難しい。この単位、わかんない。」と、口々に感嘆の声を漏らしていました。

2014年6月10日(火)
米倉小学校交流学習スタート

 今年度も米倉小学校との交流学習が始まりました。4時間目、給食、お昼休み、5時間目の全校集会(グループエンカウンター)と一緒に活動してきました。グループエンカウンターでは、グループのリーダーを任せられた人もいましたが、「積極的に話しかけることができた。」「下学年の人にも優しく接することができた。」と異学年交流での充実感も感じることができたようです。

2014年5月25日(日)
140周年・閉校記念赤谷小学校・赤谷地区合同大運動会

運動会写真集

 赤谷小学校にとって最後の運動会でした。「何十年ぶりに参加してみた」「卒業してから初めて参加した」という方もおられ、例年以上に大勢の方々と一緒に、楽しい1日を過ごすことができました。子どもたちは、「赤谷小最後の運動会を最高の運動会にしたい」「地域のみなさんと心を一つにして盛り上げたい」と、とても一生懸命でした。7人で精一杯応援する姿、閉校への思いを語る姿に多くの方が感動しておられました。
 子どもたち、保護者の皆さん、地域の皆さんの熱い思いが詰まった運動会になりました。

2014年5月18日(日)
応援練習

 赤谷小学校最後の運動会の応援は、赤白に分かれず、児童7名全員で、赤谷小学校、そして赤谷地域のみなさんへの応援をします。応援合戦ではなく「応援パフォーマンス」として、午前と午後の最初に行います。午後には、お父さんお母さんたちも応援団になってダンスに参加します。日曜日の今日、早朝除草作業の後、親子でダンスの練習をしました。子どもたちに負けず劣らずノリノリのお父さんお母さん!さすがです!

2014年5月14日(水)
航空写真撮影

 閉校記念事業のひとつとして、航空写真撮影を行いました。地域の方々が50名以上集まってくださり、総勢70名ほどでの撮影となりました。11時15分、セスナ機が赤谷小学校上空に現れ、空を旋回しました。石灰で書かれた「赤小2014」の文字を、児童、職員、地域の皆さんが一緒に囲んでの写真はどのように出来上がるのでしょうか。楽しみです。撮影した写真は、閉校記念誌に掲載する予定です。

2014年4月28日(月)
赤谷小学校初代校長先生をたずねて

 今年度で閉校してしまう赤谷小学校のことをよく知り、しっかり記憶にとどめておこうと今年の総合的な学習の時間は「わたしたちの赤谷小学校」というテーマで取り組み始めました。家の人に昔の赤谷小学校の様子を聞いたり、校長室にある古い写真を見てみたりして、次第に関心を深めていく子どもたち。この日は、赤谷小学校の初代校長 杉原直樹先生のことについて、滝谷新田の区長さんから教えていただきました。杉原直樹校長先生の肖像画や掛け軸を見せていただき、当時、学校(寺子屋)があった場所に案内していただきました。

2014年4月18日(金)
お花見給食

 満開の桜を眺めながら、お花見給食を行いました。きれいな花を眺めながらの給食は、いつも以上においしさが増すようです。

2014年4月7日(月)
新任式・進級式・始業式

 多数の来賓の方々をお迎えし、平成26年度の新任式・進級式・始業式が行われました。全校児童7名、全員が今年度頑張りたいことを発表しました。
 今年度、140年の歴史を閉じる赤谷小学校。赤谷小学校最後の1年を充実した思い出深い1年にしていきたいと思います。